1円起業での会社経営

会社経営をやってみたいと思っていながら、やっていません。親世代から引き継ぐわけではないから、自分たちで起業するほかありませんが、当初の運営資金がわからりづらいため不安があります。

最近は1円起業という広告がなされているように、元手がなくても起業することができるようになりました。株式会社1000万円、有限会社300万円という壁がなくなったことで、起業しやすい会社法整備がなされたといえます。

1円起業といっても、会社設立に関しては行政書士等に対する報酬の支払いで、株式会社の場合にも20万円程度から費用がかかります。まったくの1円で起業できるということではありません。税に関しても考慮しておく必要があり、税理士等に対する報酬の支払いも発生します。

事業所が賃貸の場合には、賃貸料、光熱費が発生するし、1円起業というのは現実的でありません。実際にはもっとかかるものです。事業が赤字になるかもしれないし、ある程度余裕をもって起業するのが安全でしょう。

コメントを残す